グローバルリーダーシップ研修

「グローバル環境においてでも変革を起こすことが出来るリーダー」の育成

グローバルリーダーシップ研修2019-09-10T14:30:11+00:00

弊社グローバル研修の特徴

  •  実際のビジネスの現場を強く意識した実践的な教材の活用。
  •  ケーススタディーや本質探究法を活用した講師との真剣勝負の議論。徹底的に思考させることで得られる大きな腹落ち感。
  • 『皆で協力して考える』をモットーに、やり遂げる楽しい雰囲気を作り出し、ポジティブかつエポックメーキングな研修機会

研修の教材例

■エヴェレスト-1996年の出来事

1996年に実際に起こったエヴェレスト山での商業登山の失敗。尊い人命が失われた悲劇をもとにリーダーの役割とは何かを紐解きます。

■12人の怒れる男

12人の陪審員のうちの1人、という役職も権威もない主人公をロールモデルとし、周りを巻き込むコミュニケーション・行動を学びます。

■オリジナルケース

当社のオリジナルケースや、インタビュー等から個社の状況にあったケースを活用し、よりビジネスの現場に沿った学びを追及します。

プログラム例

プログラム例概要
リーダーシップ若手(入社4年目程度)から40代までを幅広く対象。リーダーとは組織の中で変化・変革を起こす基と定義し、組織の中核人材となるべくマインドから変えていきます。
マネジメント新任管理職を対象としたマネジメントの基礎を扱うものや、実際に部下を持つマネジメント層を対象とした多面評価システムを活用したものもあります。
新入社員向け新入社員のスタートアップとしてのビジネスマナーを含む基礎動作の講座から、スタートアップの総括等として用いられる『自発的思考・行動』を促すマインド開発(*)も行います。
交渉術ロールプレイを多用し交渉を論理的に理解したうえで実際明日から使える実践的な交渉術を学びます。営業職向けだけでなく、技術職向けやグローバル環境用等幅広い対象に実施しております。
グローバルグローバル環境での効果的なコミュニケーション、バイアスを排除した合理的思考、多様性を受け入れるキャパシティー、周りを巻き込む力と具体的スキルについて学びます。

講師紹介

児玉教仁

1972年、静岡県生まれ。バージニア州ウィリアム・アンド・メアリー大学より経済・政治のダブル専攻で卒業。在学中は空手部を率い全米大学選手権の団体組手で優勝に導く。
1997年4月、三菱商事株式会社へ入社。同社鉄鋼製品輸出部門にて多数の新規事業を海外で立ち上げる。
2006年、ハーバード・ビジネス・スクールよりMBAを取得。在学中はアメリカのジャンクフード「バッファローウィング」の全米調理選手権で優勝。
2007年より米国に拠点を持つ三菱商事の100%子会社を立ち上げ代表取締役として経営。
2011年7月に三菱商事を退社、グローバルアストロラインズ社を立ち上げる。
2018年5月に英会話事業のイングリッシュブートキャンプ株式会社を設立。
著書に「パンツを脱ぐ勇気」「ハーバード流宴会術」「グローバル・モード」

登壇実績

・大手保険会社様
・大手通信企業様
・大手化学薬品会社様
・大手製造会社様
・大手総合商社様
・大手交通会社様
・大手人材会社様
・大手航空会社様

お問い合わせはこちら

ニーズに合わせた様々な研修プランをご提案させて頂きます

CONTACT US NOW